櫻間右陣プロフィール用1-3.jpg

櫻 間 右 陣

UJIN SAKURAMA

シテ方金春流能楽師 昭和36年、東京生まれ

人間国宝・櫻間道雄(みちお)の初男子孫、後を継ぐものとして師事し、道雄急逝後は、

伯父・櫻間金太郎(きんたろう)に師事。後に金太郎・道雄の嗣子となり、第21代櫻間家当主。

4歳より稽古をはじめ、初舞台。

櫻間左陣(さじん)弓川(きゅうせん)と能楽界に名を残す櫻間家にて、

その伝統を継承するものとして演能活動を続けている。

平成16年1月1日、櫻間家代々の当主名「右陣」を襲名。

櫻間會・五燿会・九州櫻間會を主幹

稽古活動や講演活動などを通じて能の普及に努めるほか、

能の新作や復曲にも積極的に取り組んでいる。

(公社)能楽協会会員 (社)日本能楽会会員

重要無形文化財総合指定保持者

(能楽協会理事、東京支部常議員などを歴任)

 

-国内での主な公演-

「櫻間右陣之」「櫻間例会」を主催

能・狂言・平曲による「平家物語の世界」【横浜能楽堂】を毎年開催

称名寺薪能【横浜市金沢区】・鳩森薪能【渋谷区千駄ヶ谷】でシテを勤める

大神神社後宴能(毎年4月10日)演者

春日部薪能【春日部市】(隔年)でシテを勤める

国立能楽堂 定例公演など

 

-海外公演-

アメリカ・スイス・フランス・オーストラリア・カナダ・オランダ・中国・ドイツ・ポルトガル・

モンゴル・台湾・エジプト・イタリア・ロシア・ハンガリー・オーストリア・モナコ・デンマーク・

イスラエル・韓国・アイスランド・スウェーデン・フィンランド

 

-テレビドラマの演能場面への協力-

NHK大河ドラマ『利家とまつ』では「高砂」

『信長 ~キング・オブ・ジャパン~』では「八島」など数場面

『武田信玄』では「二人静」など2回

『荒木又衛門』

-テレビ・ラジオ番組への出演-

平成16年1月3日 NHK「新春能狂言」 能『田村 白式』

平成25年11月24日 NHK「古典芸能への招待」 能『富士山』(富士山の世界文化遺産登録を記念した番組)

NHK-FMラジオ放送への出演(最新の出演は令和2年5月10日)

 

-稽古・普及活動-

東京・神奈川・埼玉・静岡・新潟・大阪・九州各地で稽古活動

横浜市金沢区主催『出張能講座』講師

文学座附属演劇研究所 座外講師

獨協大学能楽会 講師

ミス日本コンテスト 審査員

​同「能の所作動作」講座 講師